忍者ブログ

imperfact

バイクと、カメラと、僕らの日常記
-> MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中部縦断野営ツーリング - 1

20090906

「日本海見に行きたいなぁ」
そんな思い付きがキッカケだった今回の野営ツーリング。別名・家出ツーリング。といっても、一応両親にはその旨を伝えておきましたけどね。現実逃避がしたかったのでとにかく遠くへ、遠くへ走り続けた1泊3日の独り旅。

** 山梨県 **

20090906

山中湖の北側から富士山を。富士山の近くに住んでいないと、ご存じない方も多いのかもしれませんが、夏場の富士山は雪を被っていません。パッと見、富士山には見えないかもしれませんね。

20090906

精進湖の北側にあるトンネル内部。ここは先日のツーリングで通ったので、問題ありません。
ただ、なんとなく現実から遠くへ・・・いつものとは違う「非現実」へ向かっているのだと感じました。

20090906

国道20号線、甲州街道。韮崎市周辺で、雨に降られてしまいました。韮崎市役所へ逃げ込んでレインコートを装備。そのまま北上を続けました。


** 長野県 **

20090906

正面が白樺湖。雨は降ったり止んだり。そうそう、長野県の樹木はすでに紅葉が始まってました。秋の到来を予感させました。

20090906

ビーナスラインに突入。斜面を見上げると、そこは遮るもののない草原と空が広がってました。

20090906

20090906

ビーナスラインは、結局ほとんど晴れずに終了。楽しみだったのに少し残念。

20090906

ツーリングマップルに乗っていた無料のキャンプサイトへ。県道から林道に乗り換え、オフロードを数キロ走ったところに広場とトイレ。それが今回の野営地。夜には動物の鳴き声が聞こえるような、人気のない場所。他の利用者はなし。もう、泣きたくなるくらい怖い場所でした。

20090906

4時ごろから寝てしまい、7時には目がさえてしまい、あまりの恐怖に雨の中撤退を決意。キャンプ用品を片付けて、夜のビーナスラインへ。そこは鹿のパラダイス。写真の中央下側に写ってる茶色いのが鹿です。もうね、ナイト☆ビーナスラインは鹿パラダイス、略して鹿パラでした(苦笑)
あと少しで鹿に轢かれるところでした。。



[ Revio KD-410Z ]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[09/25 NONAME]
[01/10 ススム]
[01/01 hirose]
[12/01 ススム]
[11/27 akkey]

プロフィール

HN:
瀬田タツロゥ
自己紹介:
*相棒
 北島カブロウ(初代)
 - Supercub50Street.
  '06/04/02 ~ 08/11/11
 エルメス
 - EstrellaRS.
  '08/11/30 ~ 09/10/18
 アル
 - Xelvis
  '09/10/18 ~'18/06/24
 北島カブロウ(二代目)
 - Supercub90DX
  '10/06/12 ~
 バーニィ(仮)
 - XL125S
  '11/03/27 ~ 14/05/28
 No name
 - XLR250R
  '12/05/12 ~ 13/08/10
 No name
 - CBF600S
  '18/06/24 ~


*愛機(現在所有)
 Pentax K-1
 - FA 43mm F1.9 Limited
 - FA 77mm F1.8 Limited
 - CarlZeiss Planar T* 1.4/85 ZK
 - HD PENTAX-D FA* 70-200mmF2.8ED DC AW
 Nikon Df
 - AF-S NIKKOR 28mm F1.8G
 - AF-S NIKKOR 50mm F1.8G Special Edition
 - Tamron SP 24-70mm F2.8 Di VC USD
 Panasonic GX7
 - G 20mm/F1.7 ASPH.
 RICOH
 - GR

バーコード

カウンター

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © imperfact : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]