忍者ブログ

imperfact

バイクと、カメラと、僕らの日常記
-> MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

メスティン購入



先日、友人&その彼女と我が家で合同キャンプに行ってきた。嫁としては初キャンプだったのだけれど、楽しかったらしく「道具を揃える!!」と嬉しそうに高々と宣言。キャンプ中に友人が教えてくれた漫画「山と食欲と私」で得た知識(?)を元にトランギアのメスティンを買ってきました。
トランギアと書くとピンときませんが、イワタニプリムスのブランドのようですね。
(2016/10/23追記:トランギアはスウェーデンのメーカーで、国内ではイワタニプリムスが代理店となって(?)販売しているようです。失礼いたしました。)



嫁が買ったにもかかわらず、試し使いは僕が担当しました。…決して奪い取ったわけではありません!笑
噂に聞いていた通り、切り口は若干のバリが残っているような状態。上の写真が購入してきた状態です。これを家に在庫していた耐水ペーパー#400→#1000→#2000でバリとり。



バリとりが終わったら、一回洗ったのちに米のとぎ汁を煮る。本当かどうかわからないけれど、新品のアルミ機材で調理すると料理にアルミ臭が残ってしまいますが、米のとぎ汁を煮る事でこれを抑えられるのだとか。一つのおまじないとして作業しました。



そして、やっと米を一合試し炊き。スノーピークのギガパワーストーブ地で熱していきます。炊く順序は
 ①沸騰・吹きこぼすまで強火
 ②弱火にして20分
 ③チリチリと聞こえ始めたらタオルなどにくるんで10分蒸らす
ってだけです。



選択直後で、利用できるタオルなどが手近になかったので軍手と鍋敷きでくるみます!w



最終的にこんな炊きあがり。ちょっと水気が多かったけれど、芯が残る事もなくふわふわに炊きあがりました!!

とりあえず、焚火に直にかざす事を考慮して底面は鏡面になるまで磨きたいな。たぶん、すすが付いても鏡面なら洗って落ちそうだし。あと、コスト次第だけれどテフロン加工とかさせたいな。スクウェア形状なのでパッキングも楽だし、サイズ的に煮るのも焼くのも丁度良さそうだから出撃数増えそう。
…あ、僕のじゃないけれど。笑


[ GX7 LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. ]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

× CLOSE

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

最新コメント

[09/25 NONAME]
[01/10 ススム]
[01/01 hirose]
[12/01 ススム]
[11/27 akkey]

プロフィール

HN:
瀬田タツロゥ
自己紹介:
*相棒
 北島カブロウ(初代)
 - Supercub50Street.
  '06/04/02 ~ 08/11/11
 エルメス
 - EstrellaRS.
  '08/11/30 ~ 09/10/18
 アル
 - Xelvis
  '09/10/18 ~'18/06/24
 北島カブロウ(二代目)
 - Supercub90DX
  '10/06/12 ~
 バーニィ(仮)
 - XL125S
  '11/03/27 ~ 14/05/28
 No name
 - XLR250R
  '12/05/12 ~ 13/08/10
 No name
 - CBF600S
  '18/06/24 ~


*愛機(現在所有)
 Pentax K-1
 - FA 43mm F1.9 Limited
 - FA 77mm F1.8 Limited
 - CarlZeiss Planar T* 1.4/85 ZK
 - HD PENTAX-D FA* 70-200mmF2.8ED DC AW
 Nikon Df
 - AF-S NIKKOR 28mm F1.8G
 - AF-S NIKKOR 50mm F1.8G Special Edition
 - Tamron SP 24-70mm F2.8 Di VC USD
 Panasonic GX7
 - G 20mm/F1.7 ASPH.
 RICOH
 - GR

バーコード

カウンター

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © imperfact : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]